b0352342_22042985.jpg

















1年前に書いたfacebookの記事を読み返して。

シーズン中は、夢中で作業しているので、
考える暇もないし、考えたことも忘れているのですが、
「あ、ブレてないな!」と感心しています(笑)



有機農産物を食べたい。
オーガニックなものを選びたい。

今、そんな方が増えています。
もちろん私もその一人。


では、有機ハチミツとはどんなものなのでしょう?
ミツバチに対して、抗生物質や防ダニ剤など
化学物質を使わないこと。

殺虫剤、除草剤、殺菌剤などの化学物質に
さらされていない蜜源から集められた、蜂蜜であること。

この二つは絶対条件でしょうか。


でも、ミツバチは3キロ先まで飛んでいく。
飛んでいった先に、化学物質が無い保証は無い。

それなら、広大な土地を所有するか、
または管理して、そこで養蜂をするか?

それはこの日本では、到底無理なはなし。

ならば…
人が立ち入らない山奥の天然林や
手付かずの原野に蜂箱を置けば良い。

ついそう考えてしまうのが、私たち。

でも、それはエゴだと思うのです。


天然林の残る山奥や、
多様な生態系が営む原野以外に
化学物質の影響がない場所がない。

そういう状況を作ったのはだれ?

それは他でもない、私たち人間のはず。

その私たちが、
自分の食べるもの、使うものには安心安全を求め、
わずかに残った安全な場所を、
切り拓いてしまう。

日本にはもともと居なかった、
セイヨウミツバチを持ち込んでしまう。
しかも、大群を。

そこは、先住の生きもたちの
大事な場所だったにもかかわらず。


・・・・・。
違和感を覚えます。


オーガニックであること。
オーガニックを進めていくこと。

それが大切なことであることに、
まったく異論はありません。

ただ、そのレベルを求め過ぎたり、
エキセントリックに求めたり。
あるいは、他者と比べて競ったり、競わせたり。

それはもう、エゴでしかないと思うのです。


消費者のそんな行動は、
間違いなく生産者を追い込みます。


オーガニックであることの
本来の目的が、見えなくなる。

オーガニックは、私たちと、
私たちと共にこの地球で暮らす、
全ての生き物のためでなければならない。

そう思うのです。

b0352342_22070980.jpg

















だから…。

山奥の無条件で安心な場所ではないからこそ、
ミツバチが、無謀に遠くまで行って、
危険な目に合わないように、
巣箱の近くで、蜜源植物を栽培しています。

アカシアやシナノキが咲いたとき、
西洋ミツバチが大挙して訪花すれば、
在来のハナバチは大切な餌場を失います。

そんな時も、彼女たちの餌場となるように
絶えることなく花が咲くよう
ガーデンを手入れしています。

これがラ ターブルベールが考え、実践している
自然養蜂なのです。





b0352342_22072612.jpg


















ハマエンドウに訪花する在来のエゾトラマルハナバチ
(石狩海浜植物保護センターのHPから拝借)
ミツバチによく似ている。大きさも同じくらい。

意外と知られていないけど、在来のハナバチは
北海道でも少なくない。
でも、ご多分に漏れず、減少傾向。











[PR]
# by latableverte | 2018-02-18 12:43 | 自然養蜂

b0352342_12302824.jpg
facebookから転載 続き



天然林のあるところでは養蜂をしません。

なぜなら、在来種のハナバチたちの貴重な住処だから。

例えば、原生の自然が残る大雪山で養豚や酪農をおこなうと、
そこの自然環境は大きく変わってしまいますよね。
それと同じで、あくまでも人の手が入った
里山や農地、原野で養蜂をおこないます。

そして、在来種のハナバチをはじめとする花粉媒介者たちと
共存できるように蜜源植物を植えます。

先住の生きものたちへのリスペクトは大切です。

それなしにミツバチたちの声を聞くことは無理でしょう。

それを無視して養蜂をおこなうことは避けるべきでしょう。

なぜなら、そこの環境は誰のものでもなく、
天から与えられた皆の資源なのだから。


だからこそ、天然林は天然林での、農地は農地として
持続するために循環を妨げるような行為は
慎まなければならないと考えます。



日に日に陽が長くなり、もう少しで北国の春の足音も聞こえてくるでしょう。

もう少し・・・

あと少し・・・

シーズンが始まります。






[PR]
# by latableverte | 2018-02-16 11:03 | 自然養蜂


b0352342_12310642.jpg


冬だから、考える時間がある…という訳ではありませんが、
この時期は、いつもできない思考を巡らせたりしています。

これまで私たちが行ってきた養蜂と蜜源栽培。
自然養蜂という言葉を使ってきましたが、
この言葉に特に定義も規則も、商標もありません。
私たちの養蜂スタイルが、農業でいうところの
「自然栽培」に共通するのかな?という思いで
使ってきました。

最近、自然養蜂と謳う養蜂業者やそのハチミツも
チラチラと目にするようになってきました。

また、JAS認定や自主認定制度を下に、他者を否定するような言葉も目にします。

表現の自由は保障されているので、とやかく言うつもりもありません。

でもだからこそ、私たちの考える自然養蜂をしっかり伝えることが
大切なのだと感じます。

1年前にfacebookページに書いた記事を見つけました。
1年前にも同じことを感じ書いていたのだなぁ…
facebookだと流れて行ってしまうので、
ブログに転載します。
長いので、2回に分けますね。
くわえて、この1年にさらに感じたことや学んだことも
書き連ねてみようかと。

少し長くなりますが、お付き合いください。
(すでに十分長い…笑)



オーガニックとは何か?
人それぞれ色々な解釈をもっているようですね。
厳密な定義があるような・・・ないような・・・

わたしは、オーガニックとは循環が可能な様であること
が重要だと解釈しています。

自然養蜂という言葉を使っていますが、
家畜であるミツバチを飼育すること自体が自然なのか?
という疑問もあることでしょう。

日本には、そもそも生息していない西洋ミツバチを
持ち込むのですからね・・・
だから、その地域の自然環境に大きな負荷を与えず、
循環が可能なオーガニック養蜂と呼ぶべきなのかもしれません。

日本庭園における造園技法は「無作為の作為」と呼びます。
まるで、人の手を入れていないがごとく自然のままに魅せる技法です。
自然の様や美しさを十分に理解した上で、魅せるために人の手を加えます。

それに対し、目指すべき自然養蜂は「作為の無作為」です。


巣箱や巣枠など必要最低限の準備を施しますが、
その先はミツバチたちに任せます。

血統を重視して
作為的に女王を作ることもしませんし、
雄蜂も作り放題です。

産卵を抑制することはしません。

ミツバチたちが分封の用意を始めたら、
それに合わせるように分割します。

ミツバチたちが、自ら薬局へ行き、
抗生物質や防ダニ剤を求めて使わないのですから、
当然わたしたちも、それらを使いません。

本来、ミツバチたちは
自らがそれらに対処する方法を知っています。

弱き群は自然に淘汰されていきます。
強き群は自然に増えて分家していきます。

自然界で起きている事象をそのままに尊重します。

人の目にはわからない彼女らのルールがあるのだから。。。

そんな彼女らの声を聞いて、
ほんの少しだけお手伝いをするだけです。

それだけで、
ミツバチたちは寄生ダニに対処する方法を編み出すのです。

ミツバチたちは強いです。

環境の変化に柔軟に対処する能力があるからこそ
約500万年前からその生態を完成して来れたのでしょう。

そんなミツバチたちを信じきる。

それを、自然養蜂としています。


続く…


b0352342_09523467.jpg














[PR]
# by latableverte | 2018-02-15 09:54 | 自然養蜂

b0352342_22581418.jpg

大寒も過ぎ立春です。

いよいよ春へと動きはじめます。

マルシェでテイスティングしていても、季節を感じることがあります。

季節によってお客さんが美味しいと感じるハチミツの種類が違うのです。

なぜなら、身体はとても正直で身体が必要とするものを味覚で分類できるのですよ。

不思議なようですが、身体に備わった当たり前の能力でもあるのです。

私たちの身体はそれぞれの季節に適応するように変化します。
その変化に必要なのが食べものの栄養成分です。

そのため、必要な栄養成分は味覚として「美味しい」と感じて「食べたい」と脳が指令を出すのです。

秋〜冬、冬〜春に移り変わるこの季節は身体のバランスを崩しやすくなります。

そんな季節の変わり目に特に美味しいと感じるハチミツがあります。


Tulsi」・・・

秋に採れるホーリーバジルの蜜が含まれるハチミツにホーリーバジルの花穂と葉を漬け込んだハチミツ。

奇跡のハーブと呼ばれるホーリーバジルは特に気管支系への効能が認められているハーブです。

b0352342_23412830.jpg

また、抗菌力にも優れていると云われてますので、インフルエンザ予防にもおすすめです。


もちろん、手洗いうがいは必要ですが、うがいの後にひと口ペロリ。

漬け込んだホーリーバジルにお湯を注いでホーリーバジルのハーブティとして喉のケアをしながらも楽しめます。


立春からはどんどん春の足音が聴こえてきます。

身体を万全にして春を楽しみましょうね。


「Tulsi」 トゥラシーハニー はこちらから。





[PR]
# by latableverte | 2018-02-05 23:55 | ハチミツのこと

新しい年がはじまって3週間が経ち、暦は大寒を迎えました。
一年で一番寒いとされるこの時期。
この時期は身体の方は寒さで縮こまったり、
暖かい部屋と寒い外を行ったり来たりで、
自律神経も乱れがち。

年末年始から続く、慌しさや色々なお付き合いで、
疲れもたまり、不調が出やすい時期ですね。

頭痛、肩コリ、胃腸の不調。
なんだかだるい、やる気が出ないなどの疲労感。
イライラしたり、気持ちが焦ったり。
寒くて寝つきが悪い、なんてこともありますよね。
これらの症状、「冬バテ」っていうそうです。

そんな時にオススメなのが、ハチミツ!

ハチミツにはビタミンA、B群、C、カリウム、亜鉛、グルコン酸。
それに、メチオニン、グリシン、セリン、アセチルコリンなどなど……。
それはもう書き切れないほどの成分が含まれているのです。
そぞれの成分が、身体にどんな作用を持つかは、ググって下さいね(笑)
とにかく、冬バテといわれる不調など、
ハチミツが全て、まるっと引き受けてくれちゃうのです。

難しいことをいわなくても、あのハチミツの優しくて香り豊かな甘さ。
口に含むと、ふわっと心と身体が緩んで、温かくなる感じ。
もう理由なんてどうでもいい。身体がちゃんと反応してくれますね。

今日のお疲れさまと明日の活力のために、
おやすみ前に上質なハチミツをひとさじ。
身体に広がる感覚を確かめながら、リラックス。

ぜひ習慣にしていただきたい、簡単健康法です。



b0352342_14372376.jpg




年末年始の体重増加が気になる方には
アーユルヴェーダハチミツ 
PL1617(プラーナ・マドウ)

アーユルヴェーダで、脂肪をナイフで削ぐように落としてくれる
といわれるハチミツです。
もちろん、おいしくて濃厚な甘さ。
実はこっそり値下げしていました。
(告知のタイミングを逃しつつ、今に至ってしまいました)

2016年度は2160円(税込)でしたが、2017年度は1890円(税込)
なんと、270円もプライスダウン!!

必要な方に、少しでもお求めやすく届きますようにと、
頑張りました。

今年度分も、残り少なくなってきています。
どうぞお早目に。










[PR]
# by latableverte | 2018-01-22 15:13 | ハチミツのこと