◼️ Natsu2018

Natsuの採蜜期は、6月初旬〜下旬まで。
アカシア開花のピーク前までに集められた花の蜜になります。
主な蜜源は、クローバー、ミント類、トチノキ、ナナカマド・・・



b0352342_23075755.jpeg

















クローバー

 




b0352342_23081038.jpeg




















キャットミント
春先に咲くのはこのミント。
蜂たちや蝶で、いつも大賑わいです。







b0352342_16023797.jpg


















トチノキの花
幼木から花が咲くまで30年かかるとか。
昨年の秋、私たちはこの木の種を蒔きました。
30年後、誰が花を見れるかな…。








そして、アカシア。(ニセアカシア=ハリエンジュ)

b0352342_16011877.jpg













ニセアカシアの花
この花が咲くころは、あたりが良い香りに包まれます。







主な蜜源が樹木となりますが、樹木の開花の端境期にガーデンの
キャットミントやクローバーにミツバチたちが群がります。
ミツバチだけではありません。

在来種のハナバチたちも集まってきます。
蜂たちが集まるととても賑やかで、
ちゅぅちゅぅと花蜜を吸う音が聞こえてきそうな勢いです。




一般的にアカシアのハチミツは人気がありますが、
純度の高いアカシア蜜より
少し他の花蜜が混じった方が
奥行き感のある味わいとなります。


夏のマルシェでは、Natsuがとにかく大人気です。


奥行き感があるけどキレがあり、後味さわやかなNatsu。
はちみつレモンにぴったりなハチミツです。
夏バテ防止や熱中症予防にも。。。


ちなみにシーズンを通して
最も流蜜があるのがアカシアです。
条件が良いと、巣枠からあふれるほど蜜が貯まります。
ミツバチたちも勢いよく産卵ー育児と増えてゆきます。
アカシアの開花期は10日間ほど・・・
越冬明け後のミツバチの健盛は、
この10日ほどの開花期に照準を合わせます。


石狩では2016年から天候不順(降雨、冷夏)のため、
アカシア蜜がとても不良です。

来年2019年はどおなるでしょうね〜
晴れるといいなぁ。。。

アカシアの花の香りがしていても、
雨が降って
巣箱から飛び立てないミツバチを見ていると
とても切なくなります。

b0352342_23080380.jpeg


















アカシアの開花時期、
長雨となった2018年








みなさん、6月になったら、てるてる坊主を作ってくださいね。

「晴れますように。。。」


b0352342_17173689.jpg


※Natsu2018は完売しております。来年のNatsu2019をお楽しみに。。。











by latableverte | 2019-01-14 17:06 | 非加熱ハチミツ

新年あけましておめでとうございます。
b0352342_14205272.jpeg

昨年も多くの方々にお世話になり
また沢山の方々にハチミツとハーブをお届けできたこと
心より感謝と御礼を申し上げます。





近年、札幌ではアカシアの花が咲く時期に、蝦夷梅雨と呼ばれる長雨が続くようになりました。
一昨年も昨年も、札幌近郊ではアカシア蜜は不作。
それどころか昨年は、蜜切れを起こしてミツバチが餓死してしまった…
という養蜂業者もあったようです。

その時期にミツバチを失うというのは、
その後夏から秋のかけて続く花の蜜も採る事が出来ないという、
大きな痛手になります。
また台風も…。
「北海道までは来ない」という常識は、
常識ではなくなったと考えざる負えない状況になりました。

数年前からミツバチたちは「これっぽっち」とメッセージを送ってきています。

農業の機械化が進むにつれ、
大型のトラクター導入で畦道や防風林の木々が切られています。
近年続く大型台風の影響もあって、
さらに木々が少なくなっています。

都市に住んでいると農村は緑豊かに見えますが、
畑の栽培品種は農薬の使用により
生きものたちにとっての住処にはなりません。
里山文化が熟成されなかった北海道において、
彼らの住処は、河川敷や畔に咲く花々と防風林くらいなのです。

人の目には緑豊かに見える農村の風景も、
ミツバチにとっては都市部の
コンクリートジャングルと変わらないのかもしれません。

ラ ターブルベールは、有機農家さんの畑で蜂を飼い、
人と生き物が共有できる場を作ることを
目的として活動しています。
でも、いくら有機農家さんの畑であろうと、
近隣の農家が農薬を使えば風にのって流れてきてしまいます。

農薬を使用していない山へ蜂を持ち込むことも一つの方法です。
でも、そこはもとから住んでいる生き物たちの住処であり、
餌場でもあります。
何万匹もの西洋ミツバチを持ち込むことが、
生態系に影響を与えることは必至です。

農村では農薬の危険があるからと、
畑で蜂を飼うことを否定するのは簡単です。
でも、私たちが普段口にしている農産物が、
そんな環境から生まれていることについては
「仕方がない」と思考停止してしまっていいのだろうか?

ミツバチは常にメッセージを送ってくれます。
農薬のこと。
水環境のこと。
花々のこと。

人と大地の健康のこと。。。

蜂を飼う有機農家の圃場では、
様々な花々(野草もふくめ)が咲き乱れ、
多様な生きものたちがバランスよく住まい、
そして作物の収量(実成り)は増えています。

人と大地の健康は繋がっています。
安全性だけではなく、経済も繋がっています。
滞ることなく循環すると、すべてがリンクします。

そのような意識を持つ
農家さんが増えることを望んでいます。
そして、そんな農家さんを応援する
消費者が増えることを望んでいます。


そのためにも、今年も花を植えます。
これまで以上に植えます。


まずは、
「これっぽっち」という落胆しているミツバチに喜んでもらいます。


そうして、
喜びに満ちたハチミツやハーブを皆さまにお届けしたいと思います。



今年も、どうぞよろしくお願いいたします。








by latableverte | 2019-01-05 15:08 | 日記