2018 アーカイヴ「Haru」

2018アーカイブ vol1

今年もあと20日と少し・・・
リリースする今年のハチミツも、人気の高いYukiの出番を待つだけとなりました。
そこで、Yukiの正式発表まで今年のハチミツを振り返ってみたいと思います。

...

◾️ Haru 2018

b0352342_00591360.jpg

5月半ば〜末までに採れるHaruの主な蜜源はサクラとタンポポ、クローバー。
昨年はとても寒くて天候の悪い春だったため、Haru2017は残念ながら出せませんでした。
サクラが咲いている時は暖かかったのですが、次のタンポポが咲く頃に寒気が訪れたため、寒くてミツバチたちが外へと飛べないのです。
花蜜を集めることのできないミツバチたち。
それまでせっせと溜めたサクラの蜜を食べながら寒さを凌いでいたため、どんどん貯蜜が減ってしまいます。
一向に天候が安定しないため、採蜜はせずにミツバチの保存食としました。

この蜜が採れる5月半ばは、ミツバチたちにとっても育児にとても貴重な蜜なのです。
まだまだ花蜜を出す植物が少なくて、サクラが咲くまでは砂糖水を給餌するくらいなのです。
サクラの開花が終わる頃、タンポポが一斉に咲きはじめます。
そしてタンポポの後を追うようにクローバーたちが花を付けるのです。
今年はタンポポがとても多く、農地の畦道が黄色く染まるくらいでした。
昨年のようにサクラの蜜が減ることなく、どんどん溜まっていきました。

2年ぶりのHaru。

タンポポ蜜の割合が多いとワイルドな味わいとなるのですが、今年はサクラとタンポポの蜜のバランスが良く、とても品のある味わいのハチミツとなりました。

b0352342_00274868.jpeg


b0352342_00275492.jpeg
バニラの風味が少なめのミルクアイスクリームととても相性がいいのです。

年によっては、フジやシナガワハギ、カエデなどの蜜が入ります。
さて、2019年はどんな蜜が採れるでしょうか。
楽しみです。





おまけ
雪解けとともに顏を出すフキノトウ。
私たちも、春の訪れを感じて嬉しくなりますが、ミツバチもうれしそうなんです。
まだ、わずかな蜜と花粉しか集められないようですが、せっせと訪花しています。
b0352342_00273955.jpeg







by latableverte | 2018-12-14 01:06 | 非加熱ハチミツ

お話会をやります❗️

最近「非加熱」や「生」と謳われてるハチミツがビックリするほど増えてます。

ラ・ターブルベールが本格的に非加熱ハチミツの販売を始めた頃は、
まだとても珍しい存在でした。
今、「非加熱 ハチミツ」をキーワードに検索してみると、
国内外の非加熱のハチミツを取り扱うウェブショップや
コラムがたくさん出てきます。

でも残念ながら、誤った情報を記載しているところが多いように感じます。
特に、販売店のサイトでは、養蜂の実状を知らないためか、
誤った情報、不正確な表現が多く見られます。

消費者に、正しい情報を伝えていかなくては!
そう強く感じています。
b0352342_15372108.jpeg

そこで、養蜂もハーブ栽培もオフシーズンのこの時期、
出来るだけお話し会などやっていこうと思います。

ブログやFBで書いても良いのですが、
切り貼りしてコピペされてしまうと、元の木阿弥になってしまいますからね。


なので、直接消費者の皆さまと、お顔を合わせて、
皆さまが抱えている疑問にも、
出来るだけお答え出来るような形がいいかな、と考えています。

なぜ非加熱が良いの?
非加熱じゃなくてはダメなの?

「純粋」とか「加糖」とか・・・
ハチミツに付く枕詞が意味するものは?
などなど。

b0352342_15372830.jpeg


「オーガニック」とか「無農薬」とか、
キャッチーに使われる言葉の真実を。

ミツバチのためだけではなく、
在来のハナバチたちのためにも蜜源植物を植え、
環境と真摯に向き合いながら養蜂をするからこそ見えてくるものを、
出来るだけわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

まずは近々、こちらで↓

★ワークショップ付お話し会★「知りたい!非加熱ハチミツのこと」
日時 12月19日(水) 13:00〜15:30
場所 café まるくる
石狩市花川北3条3丁目1番地 ( 駐車場アリ)
定員 5名
参加費 2000円(ワークショップ材料費込)
別に、cafeまるくるさんのケーキセットをご注文いただきます。

詳細はこちらから↓



また、ラ・ターブルベールで主催するほか、
ご興味のある方、話を聞いてみたいという方が集まれば、
出向いてお話しいたします。
ぜひお声かけ下さい。
ラ・ターブルベールのハチミツやミツロウをつかった
ワークショップもご相談に応じます。


札幌および近郊であればどこへでも出向く所存です(笑)
遠方の方も、ご相談させて頂きたいと思います。


どうぞよろしくお願いいたします。

b0352342_15373924.jpeg



by latableverte | 2018-12-09 14:55 | お知らせ