ネズミのお告げ?

GWを前に、札幌では桜が咲き始め、ここ石狩でもちょうど見ごろを迎えています。
足元では水仙とムスカリが満開。チューリップがちらほら。
エンゴサクとエンレイソウは少しばかり、名残惜しそう。
目線にはエゾムラサキツツジとレンギョウが。
そして見上げれば、モクレンに桜。
町中が、まさに春爛漫♫

さて、ガーデンは…。

雪解けとともに発覚した、ネズミの食害。
ラベンダーにはビックリしましたが、いくつかのバラも
かなりショッキングな状態に。
b0352342_23400292.jpeg

春一番の、剪定も悩ましい作業となりました。
被害にあったバラは、かねがね大きくなったら、
フェンスを作って誘引しようと計画していたもの。

やっと、今年こそその計画を実行できると思っていた矢先。
剪定バサミを握り、元気な枝、良い芽が出てきそうな膨らみ。
ここで切る?イヤこっち?
これを残す?イヤ無理か?
どうしたら良い?どうしてほしい?

えーい、悩んでいてもしょうがない。
この子たちを信じよう。きっと元気に大きくなってくれるはず!
と、ゲンコツ剪定又は超強剪定することを決心。

バっと、こんな感じに。
b0352342_23402320.jpeg


すると…、天から降りてきた。

そうだ、良い機会だから植え替えよう!
少し窮屈、いやだいぶ窮屈だったし。
本当は、フェンス作るとしても、ここじゃ無いかも…って思い始めていたんだ。

そう思って、よく見ると。

ゲンコツにせざるおえなかった5株のバラ。
全て、植え替えた方が良いバラだ!
b0352342_23405444.jpeg


もしかして、ネズミ君(←急に君づけ)が、「ここじゃないよ」と
教えてくれたのか?
私が、気付いていながら、グズグズしてたから、
強制的手段にでたのか?

そうなのか?
これは、ネズミのお告げだったのか?
と、食害をポジティブに受け止めることにして、
植え替えることにしました。
タイミングとしては、ギリギリ。

とはいえ、ここで慌てて植え替えて、
また「違った!」と言うわけにはいかないので。
しばらくは大鉢で育てる事にしました。

そうと決まれば、急がなくては。
と、こんな感じで。

b0352342_23410141.jpeg

b0352342_23410853.jpeg


ちょうど、ガーデンも広くなり、全体計画を再考しているところ。
その中で、この5株のバラを有効に使えるように
準備しておくことにしました。

気づけば、ガーデンの緑も増えてきました。
もうすぐキャットミントも開花しそうです。

b0352342_23411404.jpeg











[PR]
by latableverte | 2018-05-06 01:31 | ガーデン日記 | Comments(0)