自然養蜂について考えるー4

b0352342_22035897.jpg

















冬だからといって、そんなに暇な訳でもないですが…
つらつらと書き綴ってしまいました。
お付き合い下さって、ありがとうございます。


そして、これを読んで共感してくださった方に
お願いがあります。

花を植えて下さい。
できれば、観賞用に品種改良されたものではなく
原種か原種に近いものを。
数種類、開花時期が違うものだと最高です。

もちろん、殺虫剤、除草剤は使わないで。

一人ひとりは少しでも、たくさんの人が植えてくれれば
大きな力になります。
プランター1個でも、良いのです。

農地では、集約化が進み開花時期が短期間で終わります。
樹木は、まとまって開花はするけど、すぐ散ってしまいます。

でも、庭では
小さな土地でも多様な植物をギュッと詰め込むことができます。
フェンスやパーゴラなどを使って、高さを利用することもできます。
春早くから秋遅くまで、色とりどりの花を楽しもうと思えば、
ハナバチたちとって、素晴らしい餌場になります。

原種の花は、観賞用に作られた花より
少し寂し気かもしれません。
花数も花びらも少なくて、
華やかさでは劣るかもしれません。
でも、その自然な姿はとても美しいものです。
たぶん、日本人は元来そのような風情の方が好きかと。


そうして、餌場を作ることは
近くの有機農家さんの手助けをすることにも
つながります。
花粉媒介者が増えることは、
収穫量を増やすことになるからです。


循環


こんなところにも循環があるです。



草取りが面倒。
虫が嫌い。

そんなこと言わないで、
お花、
植えて下さい。


どうか、お願い致します。


b0352342_21593461.jpg




[PR]
by latableverte | 2018-02-18 21:00 | 自然養蜂 | Comments(0)