蜜源植物のリレー

b0352342_13485994.jpg
(撮影:目黒嘉子)
可愛い花でしょ?
スノードロップと言います。
球根植物で和名は待雪草(マツユキソウ)2月~3月が開花期ですが、北海道では雪が解けてすぐ3月末~4月初めに咲きます。
ビー・フレンドハーブガーデンでは、昨年秋に10球の球根を植えました。

このガーデンの一番大切な役割は、なんといっても「絶え間なない蜜源の供給」です。
ここを始めて3年目。昨年、夏から晩秋~越冬までの絶え間ない蜜源リレーは何とか見えてきました。
もちろんガーデンの植物だけではない、近隣の防風林や雑木林、庭木など、種々の資源があってこそ実現したのですが…。

問題は早春。
越冬解除したあと。
ネコヤナギ→フキノトウ→→→サクラ・・・。

フキノトウからサクラまでが長いのです。
サクラが咲くと、後は次々と花が咲き始めるのですが…。

とはいえ、雪が解けてからすぐに咲く、となると球根類くらいしか、
ということでスノードロップを植えてみたのです。

でも、果たして蜜は出るのかしら?
ミツバチは訪花するのかしら…?





じゃーん!
観てください、この夢中な姿!(笑)

b0352342_13485966.jpg
(撮影:目黒嘉子)
なんてカワイイんでしょ。 (#^.^#)




しばしご堪能ください(笑)
b0352342_13485955.jpg


b0352342_13485941.jpg
                                (撮影:目黒嘉子 2枚とも)


これはもう、スノードロップ増やすこと、決定です。
植えておけば勝手に増えるのですが、それ以上に今年の秋も新しい球根を入れましょう。
この子たちは、昨年秋の神宮マーケットでイコロの森さんから購入したものです。



他に球根植物ではエゾエンゴサクもミツバチが吸蜜することは分かっているので、エンゴサクも植えたいところ。
エンゴサクの球根募集中(笑)



そして、クロッカス、スイセン、ムスカリ、チューリップが咲いて、サクラにつながる。
やはりサクラまでは球根植物なんですね~。


今年は早々と越冬解除になりましたが、これまで天気もよく、地温も高めなので植物の生育も順調に進んでいます。
このまま寒の戻りがなければ、宿根ハーブたちも例年よりもずっと早く花を咲かせてくれるのではないかと思いますが。
例年ならば、桜は5月の連休明け。
あとタップリひと月はありますからね~。
春の蜜源リレー、なんとか確立させたいです。



あ、ちなみにこのスノードロップ。
花言葉は「あなたの死を望みます」ですって!!
こんなに可憐なのに。

プレゼントにはしない方がよいかも、ですね。
[PR]
by latableverte | 2015-04-05 16:17 | 蜜源植物