冬ギフトのお知らせ

b0352342_13501578.jpg


最近、ハチミツの健康効果への注目度が高まっています。
古くは、紀元前から人と共にあり、美容と健康、医療にも役立てていた記録が残るハチミツ。
元祖スーパーフードと言われるハチミツを、この冬、大切な方への贈り物に選んでみてはいかがでしょう。
きっと喜んでいただけることでしょう。


アーユルヴェーダハチミツ280g2本セットと140g2本セットの化粧箱をご用意しております。
お歳暮、クリスマスギフト、お年始‥、用途に合わせ、のし、包装紙など対応させていただきます。

ご注文はこちら


美味しいハチミツは、贈られた方はもちろん、贈った方も幸せにしてくれますよ。
[PR]
by latableverte | 2015-11-29 23:41 | アイテム | Comments(0)

チーズとハチミツ

~東京でのお取扱い店が増えました~

去る11月20日(金)、そうボジョレーヌーボ解禁日の翌日。
都内、清澄白河に小さなチーズ専門店がオープンしました。

「チーズのこえ」

変わった名前のお店です。
扱うのは北海道のナチュラルチーズ。
道内各地にある、決して大きくないけれど、思いのこもった個性的な工房の、手作りチーズの数々。
いずれもクオリティーが高く、海外の品評会でも高評価を受ける実力なのですが、それぞれの生産量も多くは無いので、これまでは物産展などでしか販売されていなかったものです。

北海道の農業、酪農を知り尽くし、チーズコンシェルジュの資格も持つオーナーが北海道のチーズのおいしさを届けると同時に、チーズを通して、「農家のこえ」「牛のこえ」「ミルクのこえ」「草原のこえ」「北海道のこえ」を伝えられる場所にしたいという思いで名付けたそうです。

お店の外観デザインにもそれがしっかり表れていますよね。
b0352342_13501417.jpeg



そんなチーズ屋さんに、チーズとベストマッチングなハチミツということで、ラ・ターブルベールのハチミツを置いて頂きました。
b0352342_13501434.jpeg


b0352342_13501534.jpeg


北海道産ナチュラルチーズに北海道産非加熱ハチミツ。

素敵ですね~(笑)

ハチミツは4種類、「Sora」「Daichi」「Herb」そして「krishna-PQ」
カマンベールのような白カビタイプやモッツアレラのようなフレッシュタイプには「Sora」と「Herb」
ブルーなど青かびタイプやシェーブルなど、クセの強いチーズには「krishna-PQ」と「Daichi」
がおススメですが、チーズもそれぞれ個性があるので、ぜひ皆さんのベストマッチングを見つけて下さい。

ところでこのお店には、もうひとつ。
ソフトクリームがあるそうです。
チーズと言えばミルク、ミルクといえばソフトクリーム、当然の流れではありますが、
はやくも「東京ナンバーワンソフトクリーム」と宣言しています。

こちらもぜひ食べてみたいですね~(^^)

ちなみに、ソフトクリームに「Sora」をタラリと垂らすと、これはもう銀河へ飛んで行かれますよ~(笑)



「ちーずのこえ」はこちらから。
https://www.facebook.com/cheesenokoe/
[PR]
by latableverte | 2015-11-26 11:36 | お知らせ | Comments(0)

b0352342_13501396.jpg

なぜ、プラーナマドウは「脂肪をそぎ落とす」と言われるのか?
続編、PartⅡ

先日11月3日、アロマの日にAroma&Herbフェスタ2015というイベントで出店させて頂きました。
そのとき、セミナーの講師としていらしていた、北海道医療大学薬学部 薬用植物園・北方系生態観察園の堀田清先生が、ラ ターブル ベールのブースに立ち寄って下さいました。
堀田先生は漢方、東洋医学に精通なさっていて、ご自身を「植物エネルギーのメッセンジャー」であると称され、パワフルに道内各地の植物を愛で歩き、そのメッセージを発信していらっしゃる先生です。

そこに一人の女性が・・・。
プラーナマドウをみて「痩せるハチミツってどういうものですか?ハチミツで痩せれるんですか?」と尋ねてきました。
その方は少しばかりふっくらとした方で…。

すると先生が、

『あのね、太る人は優しい人なの。
やさしいから外に出ると、いろんな人の悲しみや怒りや妬み…邪気をもらってしまうの。
それが自分のストレスとなって食欲に走ってしまう。
でもって、自分の気が滞っているから食べたものが、上手く代謝できずに溜め込んでしまうんだね。

それを防ぐには、外に出なければいいんだけど、そうもいかないから、自分が幸せに包まれること。
朝起きて、太陽の光をあびて、美味しくてカラダが喜ぶご飯を食べて、幸せで満たしてしまえばよいのよ。
そうすれば、他人の邪気が入ってくる隙間が無くなるから!

邪気退散!!

と言って豪快に笑っておられました。


確かに、アーユルヴェーダでもふくよかな方は「カパ」が優勢で、穏やかで優しい性格とされています。
優しいがゆえに人の邪気をもらってしまうのでしょうね。

そこで、ピンときました!
アーユルヴェーダではハチミツは「サットヴァな食べ物」と言われています。
サットヴァとは心の性質をあらわす言葉で、「純粋性」と訳されています。

これがまた難解なアーユルヴェーダ独特の言葉で書かれていて、説明しようとすると長くなるので割愛しますが、
サットヴァに富む食物とは、「生命力、勇気、力、健康、幸福、喜びを増大させ、おいしく、油質で腹持ちが良く心地よい食物」
とされているのです。

ハチミツを試食していただいた時の、皆さんの笑顔!

これまでに経験したことのない美味しさに出会ったという感動、
喜びにあふれていて、見ているこちらも嬉しくなります。


実は、プラーナマドウ。
これがまた美味しいのですよ~。

美味しいという評価は、個人的主観に大きくゆだねるので難しいですが、
おそらくラ ターブル ベールのハチミツのなかでも一番ではないかと…。
なんと言うか、優しさに満ちた別格のおいしさ…。

ミツバチたちが集めた蜜を巣箱の中と同じような状態で静かにゆっくりと
寝かせ、「必要な人に必要な分が届きますように・・・。」と純粋に祈りを捧げたハチミツ。


プラーナ・マドウが脂肪を落とすメカニズムは、一つではなく複数の作用が働くのではないかと考えられます。
その一つが、よりサットヴァなハチミツである、ということなのではないでしょうか。

(これはあくまでも、私的考察で、アーユルヴェーダの正確な教えではあ りません)
[PR]
by latableverte | 2015-11-13 00:57 | 非加熱ハチミツ | Comments(0)

b0352342_13501380.jpg


おかげさまで、プラーナマドウ、大変多くの方からご注文を頂き、発送に追われる…というありがたい状況です。

早い方でお手元に届いて、2週間くらいが過ぎたでしょうか?
効果のほどが気になる頃ですね。

さて、もっと早くUPしたかったのですが…。
なぜ、プラーナマドウは「脂肪をそぎ落とす」と言われるのか?
いったい、どういう仕組みで脂肪が落ちるのか?
どう摂るのが効果的なのか?
…いろいろ知りたいことがいっぱいですよね。

少し解説させて頂きますね。
長文になるので2回に分けます。まずはPartⅠ

アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)では、「ハチミツは全ての体質の人が、1年を通して食すると健康に良い」とい説かれる数少ない食品のひとつです。
そして、そのハチミツを4種類に分類分けしています。
ナヴィン・マドウ、パクワ・マドウ、プラーナ・マドウ、アーマ・マドウ。

このうち、アーマ・マドゥは、「未熟なハチミツ」を意味していて、
「トリドーシャを激動する働きを持つ。」とされ、身体のバランスに悪影響を及ぼす可能性があります。

なので、ラ ターブル ベールでは当然これは販売しておりません。
残りの3種類を販売しているわけですが、それぞれ

ナヴィン・マドウは「建設的、強精的で、緩下剤として働き、僅かながらヴァータ・カパの失調を抑える。」

プラーナ・マドウは「渋みがあり、溶解性で脂肪および肥満を減少する」と書かれているのです。

パクワ・マドウは「トリドーシャの失調を抑える傾向がある。」

と、定義されています。

詳しくはこちらをご覧ください
ハチミツから覗くアーユルヴェーダの世界


アーユルヴェーダの原書はサンスクリット語で書かれていて、韻文形式かつ詩情的で比喩も多く、重複して記述されている部分もあります。
なので解釈は難しく、実用については師から弟子に口伝のみで、書き残されていないので現代においてわからない部分も少なからずあるようです。

このハチミツに関する記載についても、ハチの生態を理解していなければ判読できず、それを、ラ ターブル ベールの養蜂家Jayanand Goyaが仮説をたて、アーユルヴェーダの医師に確認したところ、「長年疑問に思っていたところが、判明した。君の考え(採取方法)に間違いないだろう。」という結論に達し、アーユルヴェーダハチミツが誕生したのです。

ではなぜプラーナマドウは脂肪をナイフで削ぎ落とすのか。

アーユルヴェーダでは、朝はじめに口にするものは、スプーンに一さじのハチミツを摂ることを勧めています。
そのあと白湯を飲むと、お腹の中からポカポカと温かくなり、じんわりと汗ばむこともあり、カラダの新陳代謝が上がっていることを、必ず実感すると思います。

ハチミツの中には脂肪燃焼作用のあるビタミンb2、ビタミンb5、必須アミノ酸のアラニン、スレオニン、有機酸のリンゴ酸、ポリフェノール類のケンフェロールなどが含まれています。
それらの効果という説明も付きますが、正直に言ってそれらの成分が飛びぬけてたくさん入っているのか?といえば、そうではありません。
いわゆる燃焼系サプリのように「カプサイシンが○○の10倍!!」とか「ビタミンBが○○の何個分」といったものと比べれば、むしろ微量(笑)

じゃあなぜ?・・・難しいのです、説明が。
でも、確実に効果が出ている方がいらっしゃるのです。
一方、なにも変わらなかった…という方もいます。

きっと、現代の化学、栄養学、生理学…ではまだわからない何らかの作用があるのではないでしょうか?
こんなこと言うと、詐欺まがいと誤解させそうですが、まぁ紙一重なのかもしれません。

なにはともあれ、美味しくてカロリーはお砂糖の2/3、腸内環境を整えるオリゴ糖や乳酸菌も含まれるので、
ダイエットに嬉しいことは間違いないですね。
[PR]
by latableverte | 2015-11-10 22:20 | 非加熱ハチミツ | Comments(0)