アロマキャンドル

b0352342_13464774.jpg


先日ご案内した蜜蝋キャンドル。
おかげさまで、たくさんのお問合せをいただき、「アロマキャンドル」は完売いたしました。
たいへんありがとうございます

また蜜蝋キャンドルの効果ということで、マザーテレサの逸話をご紹介したところ、喘息でお悩みの方からたくさんのお問合せをいただきました。
この逸話は、医学的になにか証明されているということではありませんが、でも、現代の医学にしろ科学にしろ、全てが解明されているわけではないので、何かが良い方向に働くのかも…という風にとらえていただければ良いのかなと思います。

ただし、今回アロマキャンドルとして製作したものはラベンダーのエッセンシャルオイルを使っております。
ラベンダーの香りはリラックス作用、安眠効果があることが知られていますが、喘息の発作のときなどは、かえって苦しくなることがあります。

もし、アロマキャンドルをお買い上げの方で、喘息の持病をお持ちの方は、就寝前など副交感神経が優位になるときにはお使いにならない方がよろしいかと思われます。

クラシックキャンドルの方は、香りづけはせず、蜜蝋の天然の香りですので、どなたでもいつでも安心してお使いいただけます。
[PR]
by latableverte | 2014-03-27 23:17 | アイテム | Comments(0)

ミツロウキャンドル

ミツバチたちからのいただきモノは、ハチミツだけではありません。
ローヤルゼリー、プロポリス、蜂毒・・・・そして蜜蝋。
ミツバチたちの六角形の巣を構成する蜜蝋ですが、実はコレ、ミツバチたちが自分でつくるんですよ。
わき腹の蝋腺という部分から絞り?出して、足や口を使って巣を作っていきます。
ミツバチの身体から出る蝋は、きれいな白色。
なので、できたばかりの六角形の巣は白色なんです。
そして、とてもやわらかく、壊れやすいのです。
この巣は、子育てやハチミツや花粉を貯蔵したりと、オールマイティな多目的スペースなのです。
できたての白い巣も、やがてミツバチの身体に付いた花粉で黄色くなっていきます。
さらに、子育てに使われると、巣の補強のため、プロポリス(樹脂)で強化されて黒っぽくなっていきます。
b0352342_13464443.jpg



この蜜蝋、ミツバチたちが無限に出せるものではないらしい・・・。
一説によると、1kgの蜜蝋に必要なエサ(ハチミツ)の量は、なんと10kgとか!
ハチミツより高価かも。。。


さて、そんな蜜蝋ですが、古くから木材の表面保護剤(ワックス)や、キャンドルなどに使われてきました。
その他、クレヨン、スキンケア商品など石油化学物質を含まない天然素材として、注目されてきていますね。

La table vert でも、これまで貯めてきた貴重な蜜蝋を使ってキャンドルを作りました。
しかも、ディッピングというキャンドルの芯を何度も溶けた蜜蝋に浸して太くしていく製法です。
b0352342_13464591.jpg



これは、ターシャ・テューダが作っていたキャンドルと同じなので、映像や写真で見た方もいると思います。
b0352342_13464587.jpg


b0352342_13464623.jpg


蜜蝋キャンドルは、石油系のワックスと比べてススが出にくく、マイナスイオンが出るそうです。
また、Dr. Wright氏によると、「マザーテレサは、病院で治療ができないぜんそくやアレルギーをもつ貧しい子供たちに、蜜蝋ろうそくを部屋に灯すことで、子供たちの症状がなくなり始めたことに驚いたと言います。私のタホマクリニック(シアトル)に訪れるぜんそくを持つ患者に対して、この蜜蝋ろうそくを就寝の2時間前から寝室に灯してから寝るように勧めたところ、今までぜんそくの薬が手放せず、朝まで幾度も激しい咳きで寝付けなかった患者の多くが、おだやかに朝まで寝ることができるようになり、薬をやめてもぜんそく症状がでなくなった患者も少なくない」 とか。
b0352342_13464633.jpg



推測ですが、天然の蜜蝋に含まれるプロポリスが加熱され、蒸発した成分を吸い込むことにより気管支、喉、鼻に効果が現れるのかもしれません。

そんな、ありがたい蜜蝋ですが、実は養蜂で使用される防ダニ剤の成分は蜜蝋に移行しやすいのです。
なので、スキンケアなど化粧品に使われる蜜蝋は防ダニ剤を撤去した後の巣から採取すること。と、なっています。
でも・・・ねぇ。ミツバチたちの身体にも防ダニ剤は染み付いているわけで・・・。

そんなこともあり、La table vertの養蜂では、防ダニ剤は一切使っていません。
スキンケア用はもちろん、キャンドルだって火を灯して気化された蝋成分は天然だけのものでありたい。
そう思うのです。

b0352342_13464658.jpg


・『classic candle』
昔ながらの修道院での手づくりのように・・・
ターシャ・テューダのように・・・
溶かした蜜蝋に浸しては冷ます。をくり返す。
溶けた蜜蝋の垂れ具合によって、偶然にできた造形。
一本、いっぽん、顔が違います。
(サイズ:約14cm×2.5cm)
(2本1組:2500円 税別)

・『aroma candle』
人工香料ではなく、エッセンシャルオイル(ラベンダー)を使っていますので、ほのかな香りを楽しめます。
(サイズ:高さ2.6cm×直径3cm)
(1コ:350円 税別)


ご希望の方におわけします。
数が少ないので、ショッピングカートには載せず、直接のお問合せにて対応したいと思います。
サイトのお問合せフォームからお問い合わせくださるか、下記までご連絡下さい。
info@la-table-vert.com
[PR]
by latableverte | 2014-03-22 17:56 | アイテム | Comments(0)