「ほっ」と。キャンペーン

父の日ギフト

b0352342_13452582.jpg



はやいもので、もうすぐ6月。父の日ですね。

母の日と比べると、ひまひとつ地味な印象の父の日ですが、
忘れてはいませんよ~(^^)

いつも頑張ってくれているお父さんに、ピッタリのギフトセットをご用意しました。

滋養が高く、疲労回復、夏バテ防止におススメのナヴィン・マドウと、同じ石狩から確かな焙煎技術で香り高い珈琲をお届けしている徳光珈琲さんのダンクコーヒーとのコラボです。

じつは、ハチミツにはアルコールの代謝を高める働きもあるんです。
身体をいたわりながら、シャキッと気分転換。

きっと気持ちが伝わるギフトです。

http://www.la-table-vert.com/shopping/父の日ギフト/
[PR]
by latableverte | 2013-05-23 00:35 | お知らせ | Comments(0)

北海道GreenHoneyシリーズの「Yuki」 
国産、非加熱のクリームハチミツです。

b0352342_13452374.jpg



これまでご購入いただいた皆さまから、感動やお喜びの言葉をたくさんいただいております。
「もっと大きいビンは無いの?」という多くの皆様のご要望にお応えして、
50g入りに加えて120g入りをご用意いたしました。
また、冬季限定商品の予定でしたが、生産体制を検討し通年販売商品にしようと思います。


ところで、クリームハチミツとは。
いったい何でしょう?

クリームっていうだけに、乳製品と混ぜてある? 乳化剤を使ってる?

いえいえ、実は100%純粋なハチミツなんです。
しかも、「Yuki」は100%北海道産の自然養蜂で採れた非加熱ハチミツから作っています。
ハチミツに小さな結晶ができ始めたころ、毎日、空気を含ませながらゆっくりかき混ぜていきます。ハチミツを休ませ気泡を抜き結晶化を進め、また混ぜる。これを何度も繰り返して、だんだんと舌触りのよいクリーミーな触感になっていくのです。
結晶というとあのザラザラした触感をイメージしてしまいますが、もう信じられないくらいクリーミー!
欧州ではポピュラーなハチミツですが、日本ではまだあまり見かけませんね。
アルゼンチン産やニュージーランド産のクリームハチミツを輸入しているところは何件かあるようですが、国産ハチミツでクリームハチミツを作っているのは、La table vertだけではないでしょうか。

ぜひ是非、いちどお試しください。虜になること請け合います。(笑)
クリーム状になっているので、パンやスコーンにつけても、タラッとならず、食べやすくて、何より叫びたくなるほどの美味しさです。
b0352342_13452384.jpg



「Yuki」はとっても温度にデリケート。
20℃以上で細かいクリーム状の結晶が溶けてしまいます。なので、チルド便にて発送いたします。
到着したら、冷蔵庫で保管してくださいね。

色々と検討した結果、チルド便ならば他のハチミツと一緒にお送りしても、大丈夫なようです。ですから、「Yuki」と一緒に他のハチミツをご注文いただいても、同梱でお送りすることが出来ます。

他にはないLa table vertだけの、香り豊かな優しいクリームハチミツ。ぜひ味わってみてください。
http://www.la-table-vert.com/shopping/北海道greenhoney/

送料は通常の送料+チルド料金(60サイズ210円、80サイズ340円)ですが、7500円以上お買い上げで送料無料。
10000円以上お買い上げで、送料とチルド料金も無料とさせていただきます。
どうぞ、そのほかのハチミツも合わせてお試しください。
全て、北海道産、自然養蜂の非加熱のハチミツです。
[PR]
by latableverte | 2013-05-21 14:24 | お知らせ | Comments(0)

ハーブガーデン(予定)

b0352342_13451765.jpg


こちらが今年から使わせ頂くことになった、新しい蜂場。
農家さんが畑として使っていた場所だけど、もう何年も使っていなく、荒地になっていたところです。
昨年秋に背丈まであろうかという雑草をとりあえず刈り倒し、雪に押し潰していただいて…。

ここをこれからハーブガーデンにしていこうと思います。

完成形の姿になるまでには、2~3年かかると思いますが、まずは蜜源ハーブをわさ~っと植えて、それから、ゾーニングしながら見て楽しい、食べて美味しい、ハーブガーデンを作りたいなぁ~と。

で、まずは土を耕さなければ…と、来たわけですが。何しろ広い。

b0352342_13451857.jpg


草刈要員で連れてきたヤギも大喜び (^^)
やっぱりヤギは斜面が似合う。


ん?これは…

b0352342_13451926.jpg


よもぎ~~~~っ♡

なんてちょうどいい大きさなの

b0352342_13452089.jpg

というわけで、急きょ よもぎ摘み。

ヤギも大好きらしい…。
b0352342_13452176.jpg




b0352342_13452196.jpg

で、結局こんなに採ってきました。(^^ゞ


とりあえず、よもぎ餅以外のレシピは無いかと調べていたら
ヨモギの成分など、詳しく書かれているサイトを見つけました。
その名も「よもぎ研究所」
http://www.yakusourabo.info/

一瞬、冗談かと思うような名前のサイトですが、いたって真面目。
で、それによると、ヨモギには食物繊維やクロロフィル、βカロティン、ビタミンKなどの成分が含まれていて、また
あの独特の香りの成分は、シネオール、α−ツヨン、ピネン、カリオフィレンなどだとか。
ゆえに、デトックス作用、造血作用、貧血予防、血中脂質の正常化、抗発がん、免疫賦活、血液凝固など‥
多様な作用があるそうな。

お灸の『もぐさ』よもぎだし、よもぎ風呂、よもぎ蒸し、よもぎ茶…
そういえば、いろんな健康・美容のケアに使われていますよね。
素晴らしい、ジャパニーズ・トラディショナル・ハーブ!!(笑)

やっぱり、よもぎ餅だけじゃ、もったいない。

乾燥しておいてよもぎ風呂ってのも良いな~~。

と、あれこれ考えながら、まずは生のまま天ぷらで食べました。
b0352342_13452231.jpg




あとはサッとゆでて冷凍保存。
時間ができたら色々と料理に使おうかな~。

もちろん、よもぎ餅も作ってみましょう。
[PR]
by latableverte | 2013-05-15 22:37 | ガーデン日記 | Comments(0)

ハチミツソウ

しばらくのあいだブログの更新が滞ってましたが、さりげなく再開です。(笑)

で、何をお話ししようかな~と考えて…。

La table vertのfacebookページをご覧いただいている方にはお馴染みの、プロフィール写真に使っている蜜蜂と黄色いお花について。

b0352342_13451491.jpg


このお花、なんというお花かわかる方は、かなりの植物通とお見受けします。(笑)
これは、その名も「ハチミツソウ」という、ハチミツを採るために導入された北アメリカ原産の植物なんです。
1961年に蜜源植物として北海道の羊が丘に導入され、その後北海道と長野で定着。
でも、あまり日本の気候が好きではなかったのか、さほど繁殖力が旺盛ではないのか、
北海道でもあまり見かけることはありません。
野生化することはなかったようで、養蜂の衰退とともにハチミツソウも少なくなったようです。

このハチミツソウ、多年草なのですが背丈は1.8mにもなって、一株に多くの花をつけ良質の蜜を、晩夏から秋にかけてたくさん出してくれるようです。
b0352342_13451548.jpg



La table vertでは昨年、試験的に栽培してみましたが、花が咲いているあいだ本当にたくさんの蜂たちが集ってきていました。

b0352342_13451558.jpg


昨年はしっかり種を採りましたから、今年はたくさん植えますよ~。もちろん我が蜂場のすぐそばに。
どんな蜜が採れるのか、いまからとても楽しみです。



お気づきの方もいるかもしれませんが、この花によく似た花がありますね。
そう、日本中の野山の道端や荒れ地、畑地、河川敷などで見られるオウハンゴンソウ。

b0352342_13451528.jpg


よく似ていますね。

こちらも蜜源植物なので、夏場、花の少なくなる本州から北海道に移動養蜂で来る養蜂家は、野生のオウハンゴンソウを蜜源としている方も多いようです。
これも北米原産で明治中期に鑑賞用として導入したものが野生化したようです。
こちらはとても繁殖力が旺盛で、北海道から沖縄まで全国に定着しています。

そういえば、ちょっとドライブに行くと、道端でよく見かけませんか?

古い話で恐縮ですが、倉本総さんのドラマ「北の国から」で、
正吉が蛍にプロポーズするときに、100万本のバラの代わりに贈ったあの花です。
あの時もせっせと河原で刈り取っていましたね。(知らない人の方が多いかも…。)

じつは、あまりの繁殖力の強さに、在来植物への影響が懸念されることから
特定外来植物の指定を受けて、駆除対象になっているんですよ。

蜜蜂たちからハチミツを分けていただくためには、自然のことにもきちんと
目を向けなければ…、と思う今日この頃ですが、ハチミツとして人気の高いアカシア蜜も、
蜜源となっているのはニセアカシアと言って、要注意外来植物の指定をもらっているんですよね。
しかも日本の侵略的外来種ワースト100に入るというありがたくない称号も。


La table vert は移動によるミツバチたちへのストレスを避けるために、
野生や原生の花を求めて移動する養蜂を行っていません。
だからこそ、蜂場の周りの蜜源植物を増やしていく作業はとても大事。
そのことを通して、都市環境や農村の環境保全にも一役買いたいと、
大それた夢も持っています。


自然と深くかかわる養蜂だからこそ、自然ということの意味や価値を真摯に考えたいと思っています。
何をどう守り、どう利用していくか。自然との共存とはどうあるべきか…。


緑や花が増えれば良い。
蜜が採れればそれで良い。

ではなくて…。
[PR]
by latableverte | 2013-05-06 23:56 | 蜜源植物と環境 | Comments(0)