越冬解除

先日、雪ももう無くなりそう…と書いた途端の大雪。
起きたら外は真っ白で冬に逆戻りしたかの景色。
それもまた、すぐに溶けてしまいました。
これが北海道の春なんでね。

そんな中、越冬解除したミツバチたちは健気に頑張っています。
b0352342_12010303.jpg
越冬から目覚めたミツバチ。
巣箱の中で寿命が来た子たちと命を受け継ぐ子たち。

b0352342_12030191.jpg
最後の力をふりしぼり、雪の上で役割りを終えた子




養蜂を始めた当初から、暖かい地域に蜂を移動することなく、北海道での越冬手法を探りチャレンジしてきました。
失敗して、ミツバチには可哀相な結果になったこともあります。
でも、越冬技術を確立することで、結果的に環境に適応した、病気やダニに強いミツバチになると考えています。

抗生物質を使わない、防ダニ剤を使わない
言葉にすれば一行だけど、そうするためにどうするのか?
それは、決して簡単なことではない沢山の対策と試行錯誤があるのです。
教科書の無い学び。

b0352342_12003692.jpg
これもそんな工夫の一つ。養蜂の色々なシーンでハーブを活用しています。
今年はガーデンのラベンダーにフランスの野生ラベンダーの力もプラス
それがどれだけの違いになるのかは、蜂のみぞ知るです。
ほとんど人間の自己満足かも(笑)


今回は無給餌越冬にチャレンジしました。
給餌した方が越冬確率は高いのだけれど、ハチたちの本来持ち合わせている生態を活かすべく、あえて無給餌による越冬を。
成績はまずまず。
今後の越冬成功へと繋がる課題やさまざまなデータが取れました。

私たちがこの様に思い切った試行が出来るのも、毎年この時期に募集しております、Honey&Herb CLUB があってこそなのです。
今、欧米世界でも注目されているCSA(Community Supported Agriculture「地域に支えられた農業」)にヒントを得た仕組みです。
おかげさまで、沢山の皆様のご賛同、応援を頂いて集まった会費があって、様々な取り組みに挑戦出来ています。
今年も只今募集をしております。

会員の皆さまには、成果産物としてのハチミツのシェア以外にも、いろいろなイベントや作業参加を通して、養蜂や養蜂と密接な関係を持つ農業、家庭でも活かせる蜜源ハーブ栽培など、体験していただける機会も設けていきたいと考えています。

明日が募集締切となりますが、まだ若干の枠がございます。
ぜひ沢山の方に知って頂きたいと思います。
ご入会をご希望の方は、どうぞお早めにご連絡下さい。














[PR]
by latableverte | 2017-03-27 12:39 | 養蜂日記 | Comments(0)

スキンケア用のミツロウ

最後の採蜜を終え、養蜂作業が落ち着いた頃から、蜜蝋の精製作業を少しづつ行っていました。

蜜蝋はミツバチの巣を構成しているもので、ミツバチのお腹のロウ分泌腺から分泌する天然のワックスです。
そしてミツバチが蜜蝋10gを分泌するために、100gのハチミツを必要とするのです。働きバチ1匹が一生に集めるハチミツがティースプーン1杯程度というのですから、とても貴重なものだとわかりますね。

シーズンが終われば、巣枠から巣をはがし取り、きれいにお掃除して消毒。次のシーズンへの大切な準備です。

b0352342_16200146.jpg

はがした蜜蝋は精製してキャンドルや木材・革製品のメンテナンスに使うワックスなどに加工します。
b0352342_16213964.jpg
まだ、ハチミツがこんなに残っています!!016.gif
蜜蝋は最初は白色ですが、ミツバチが蜜を溜めたり、幼虫を育てたり…と巣を使っているうちに、ハチミツや花粉、プロポリス、そして幼虫の排泄物など…によって次第に黄色から黄土色に変わっていくのです。


以前から、アロマやハーブに親しんでいる方々から「ミツロウはありませんか?」と聞かれることがありました。その方々が欲しいと思っているミツロウは手作りのスキンケアグッズに使うもの。古巣を精製したものでは、不純物が多すぎて不適切なのです。
スキンケアに使うのは、ムダ巣と呼ばれる、ミツバチが勢いあまって巣枠の外に作り足した巣と採蜜の時に削り取る蜜蓋とよばれる部分のみを使うのが理想的。

でも…
何しろ10gに100gのハチミツが必要な蜜蝋。ミツロウの生産のために、ムダ巣をつくらせるのは、ミツバチへの負担になるとの考えから、あまり積極的に取り組んではいませんでした。
b0352342_17193651.jpg

b0352342_17194696.jpg
しかし養蜂もいろいろと試行錯誤する中で、勢いよく蜜を集めている時期には、ある程度のムダ巣も容認しつつ、効率よく、ストレスなくハチミツを集めることが出来る方法に行きつきました。
結果、スキンケア用のミツロウも一定の安定生産が可能になりました。

b0352342_17222414.jpg
ムダ巣も作った時期や切り取るタイミングで、色の違いが出ます。
色合いごとに分けて精製することで、本来の色と香りを生かしたミツロウを作ることができました。
精製と言っても、お湯に溶かし、ろ過し、ごみや不純物を取り除く。これを手作業で繰り返すだけ。溶剤を使ったり、脱臭・脱色もしていません。

b0352342_17234565.jpg

なによりも特別なのは、ラ・ターブルベールでは養蜂において、防ダニ剤を一切使っていない ということ。
防ダニ剤は蜜蝋に移行しやすいと言われています。
そして、防ダニ剤を使わない養蜂を実践している養蜂家は、本当に少ないのです。
残念ながら。。。


これからはウエブショップで通年で販売できると思います。
お値段も、2年ほど前に数量限定で販売させていただいた時より、お求めやすく致しました。


b0352342_16392942.jpg
使いやすいキューブ状に成形してあります。
このミツロウ、なめらかで使い心地のよいクリームが作れます。
私はハーブ浸出油でバームを作って愛用していますが、違いは歴然。
なめらかにお肌の上で伸びてくれて、しっとりと保護膜を作ってくれる感覚は
それまで使っていたミツロウとは全く違います。

手作りコスメ愛好家の皆さまに、ぜひお使いいただきたい、自信を持っておススメできるミツロウです。














[PR]
by latableverte | 2016-12-11 18:53 | 養蜂日記 | Comments(0)

越冬に入りました。

つい先日、可愛いミツバチたちを無事に越冬小屋に移動しました。
b0352342_13505306.jpg
これでようやく一安心。


今年の秋は、10月半ばの突然の雪で早々と花が終ってしまい…。
b0352342_13515492.jpg
まだまだキレイに咲いていたコーンフラワーもボリジもカレンデュラも。
前日まで、ミツバチもたくさん集まって集蜜してたのですけどね。。。007.gif


そのまま冬になるのかと思うほどに寒い日が続いた後に、また暖かくなり…
雪が残るというのに、暖かさに誘われてブンブン飛び回る子が続出!002.gif
b0352342_13595608.jpg
日が暮れて寒くなって動けなくなった蜂たちを巣箱の近くまで連れて行ったり。
たすけて~とばかりに、人に停まる子(笑)
b0352342_14002712.jpg

ハラハラする日が続いていましたが、ようやく安定して寒くなりそうな気配。
今だ、チャンス!!と決行です。


あとは春まで静かに静かに、ただ命をつなぐことが出来るように祈るだけ。



今年も一年、たくさんのハチミツをありがとう053.gif


また来年、春に会いましょうね。
みんな、頑張ってね。








[PR]
by latableverte | 2016-12-09 15:01 | 養蜂日記 | Comments(0)

春が来た。

b0352342_00485492.jpg

今年の石狩は雪がとっても少なくて、春の訪れがとても早いです。
(石狩と言っても、とても広いので例年以上の積雪がある地域もあるのですが…。)
昨日のガーデンの様子。
これからも暖かい日が続くようで、この雪も今月中には無くなりそう。
ハーブたちもこの雪の下で、もう新芽を出してウズウズしているのでしょう。
いよいよ明日はミツバチたちの越冬解除。...


b0352342_00471372.jpg
ハウスへ続く道も準備OK!

さぁ、始まります!



早く会いたいな、この子たちに。

b0352342_00481953.jpg







[PR]
by latableverte | 2016-03-18 00:56 | 養蜂日記 | Comments(0)

ミツバチたち、元気です

養蜂シーズンが忙しくなる前に…、と言ってミツロウの精製などを行なっていましたが。
今年の春はスタートダッシュでぶっちぎってる感がありまして、、、
ガーデン作業は、すでに完全に出遅れておりますorz。。


そんな中、順々に花は咲きつづけているので、ミツバチたちはとても元気。

考えてみれば、越冬解除も早かったのですから、春がスタートダッシュを切ってくれたおかげで順調なのですね。
有難いことです。


b0352342_13492993.jpg

まずはフキノトウから…。




それから、クロッカスやスイセンなどの花粉や蜜を集めます
(写真は無し・・・。)




b0352342_13493087.jpg

桜が咲き始める頃、たくさんの花粉を集めたミツバチを良く見かけます。
この子は、少し欲張りすぎて動けなくなっていたところを、救出しました。

ミツバチも、急に来た「春爛漫」に焦ってる?(笑)




b0352342_13493152.jpg

ゴールデンウィークは、桜が一気に満開に。
天気も良く、温かかったので桜の蜜も順調に入ってきているようでした。



b0352342_13493142.jpg

ジューンベリーも満開。
ミツバチが来てるかと思ったのですが…。



b0352342_13493206.jpg

こちらの方がお好みのようで…。
セイヨウタンポポ




b0352342_13493332.jpg

ヒメオドリコソウ。
はじめて訪花の写真が撮れました。
メチャメチャ夢中。頭の上には赤い花粉がたっぷりと付いていました。




b0352342_13493420.jpg

そしてヒメツルニチニチソウ
蜜源になるという話は聞いたことがなかったのですが、かなり夢中でしたよ。
美味しいのでしょうかね・・・。




b0352342_13493478.jpg

現在のガーデン。
春の花が満開です。
[PR]
by latableverte | 2015-05-10 00:41 | 養蜂日記 | Comments(0)

ミツロウ精製中ー!

越冬を解除したとはいえ本格的な養蜂作業はまだ。

本格的に忙しくなるまでに…

越冬中、巣箱の際の巣枠は結論とカビで不衛生な状態になります。

シーズンがはじまり忙しくなる前に、枠から汚れた巣を剥がし、熱湯で洗い流して天日干し。
更に、新しい巣礎を張る前にはバーナーで炙って消毒します。
消毒液などの薬品はいっさい使いません。

b0352342_13481738.jpg



剥がした巣は、溶かしてキャンドル用のミツロウに。
この時も、グツグツ熱湯で洗うように溶かすので、その後にカビが発生することはありません。

b0352342_13481885.jpg

この剥がした巣からミツロウを精製します。

なにせ、70リットル入り袋が8袋分あります…。
いっぱい取れそうです。(>_<)  ←  嬉しい悲鳴! HELP!!




こちらは
スキンケア用のミツロウ。

b0352342_13481846.jpg

綺麗なレモンイエロー。
ミツロウと植物オイルつかった手作りクリームやリップに最適。


b0352342_13481935.jpg

スキンケア用のミツロウは綺麗なムダ巣から作ります。


b0352342_13481924.jpg

2次精製終了。

この後は、湯せんにかけて最終精製へ。
ミツロウ本来の色と香りは残ります。


ハチミツを搾るより、とても手間がかかります。


今年はある程度まとまった量が採れそうなので、このミツロウを販売しようと思います。

抗生物質などのケミカルな薬剤を使わない養蜂で採れるミツロウ。

何気にかなりな貴重品ですよ~。(^^)


とはいえ、そんなに多い量ではないので、ショッピングサイトには載せません。

ご入用の方、メッセージ下さい。
お値段は100gあたり 2200円(税別)
ブロックの形状で量り売りになります。




ただし、ミツロウの精製は、仕事の優先順位としては低いので(とても)、今すぐ欲しい!と言われても対応できませんので、あしからず。。。
桜が咲き始めるまでには、やってしまいたいと思っていますが。


あ、石狩の桜ね。
東京辺りはもう満開ですものねー。

・・・いそがなきゃ (・。・;
[PR]
by latableverte | 2015-03-29 12:55 | 養蜂日記 | Comments(0)

真冬の羽音

b0352342_13475436.jpg

真冬にハチたちの羽音を聞くとホッとします。

夏場は、巣箱の外まで聞こえる羽音。

越冬中は、羽根の筋肉だけを震わせて発熱してるので、ほとんど音が出ません。
そのため、生きているかどうか、分からないのです。

これまで、巣箱に直接耳を付けても聞こえなかった微かな音を聴診器はひろってくれました。

温かいコーヒーでも飲みながら、いつまでも聞いていたい。笑)
[PR]
by latableverte | 2015-01-27 23:33 | 養蜂日記 | Comments(0)

みなさま、大変ご無沙汰しております。。。

ブログの更新、滞るのもほどがあるだろ!ってくらいに滞っております。

「便りのないのはよい便り」とはよく言ったものですね。

昨年はみなさまに大変ご心配をおかけすることになりましたが、

お陰様で、今年は順調に来ております。

順調すぎて、養蜂も蜜源栽培も仕事がいっぱい!

次から次へと押し寄せて・・・・、ブログもサイトも手が回らないという状態が続いております。
(完全に言い訳です、ハイ。)

ということで、ただ今鋭意、サイト、ショッピングカートの準備を進めております。

本当はブログで近況などもUPしていきたいのですが、

写真ばかりが溜まってゆきます。(:_;)

それでも、facebookページではちょこちょこと近況報告なんぞをやっておりますので

よろしかったら、そちらもご覧ください。


La table vert のハチミツを楽しみにして下さっている皆様、

今年は美味しい美味しい蜜が採れています。

もう少しお待ちくださいね。
[PR]
by latableverte | 2014-09-04 22:10 | 養蜂日記 | Comments(0)

その後のミツバチ

皆さまに、大切なお知らせをしてから1か月。
私たちが苦渋の決断をしたのと前後して、北海道内のさまざまなところから喜べない報告が次々と聞こえてきます。
公式には国内では確認できていないとされるCCD(蜂群崩壊症候群)と思われる現象も起きています。
今、事態は思っていた以上に深刻なのかもしれない…という感覚を持ってます。

その後のミツバチたちの様子をすこしばかり・・・。

巣枠を、群が増えたときにと用意してあったものに全て取替え、給餌蜜をあたえるようにして、ミツバチたちの減少は収まったものの、やはり昨年までのような勢いでの産卵ペースにはなかなか戻りません。
私たちは科学者でも学者でもないので、科学的な説明はできませんが、なんとも気持ちの悪い違和感、これまでと違う何か…、そんな表現しかできないもどかしさの中、いろいろと試行錯誤をしています。

ネオニコチノイドとミツバチの減少が科学的に説明されていないと、その関係付けを否定する人たちからすれば、ハーブとミツバチの関係も全く持って何の科学的説明のつかない妄想にしか思えないでしょう。
でもね、科学なんてものはいつだって「後追い」なんですよ。
何でもかんでも科学で説明がついて、わかっちゃうなんて、それこそ幻想です。

実は科学でわかっていることなんて、この世の森羅万象のほんの一部。
だから、謙虚な気持ちで自然を観察し思考する。そして皮膚感覚で感じることって、案外間違っていないんじゃないかと思ったりします。

そして、いま何を感じているか?というと…。

給餌蜜に蜜源でもありアダプトゲンハーブであるホーリーバジル(トゥラシー)の浸出液を混ぜてみたら、なんだか良い感じなんです。
b0352342_13463394.jpg


ホーリーバジルはインド原産のシソ科のハーブ。タイではガパオって呼ばれています。
抗酸化力が強く、ホルモンや免疫力のバランスを保つ作用もあります。
アーユルヴェーダで、もっとも大切にされているハーブの一つで、高いデトックス作用や傷ついた遺伝子の修復効果に注目が集まっています。

そんなことを知ってか知らずか、多くの蜜源植物が花をつけている中、ミツバチたちが真っ先に訪花し、蜜や花粉を集めはじめたのが、このホーリーバジルでした。

単なる偶然なのかは分かりませんが、願いを込めて弱群に、このホーリーバジルの浸出液を与えてみると、それまで給蜜しに来なかった子たちが、来るようになったのです。
そして、徐々に外へ蜜を取に出かけるようになってきました。

全く説明はつかないのだけど、ホーリーバジルがミツバチに何か良い影響を与えている、そんな気がします。
b0352342_13463366.jpg

b0352342_13463451.jpg



人の健康に役に立つ植物化学物質(フィトケミカル)や植物エネルギー、動物や昆虫がそれを利用していてもおかしくないですよね。
実際、養蜂ではミツバチのからだに着くダニの忌避に、タイムの香り成分であるチモールが有効だということが知られています。
それから、ミドリツバメがヤロー(西洋ノコギリソウ)を利用しているという論文もあるそうで…。(こちら

人が思っている以上に、動物や昆虫たちは植物を利用しているのかもしれませんね。

ミツバチはシソ科の植物を好んでいるようです。シソ科の花蜜の糖度はそんなに高くは無い(30度弱)なのだそうです。
しかも一つひとつ小さな花が多いから、蜜を集めるのも決して効率的とは思えないし…。
なのになぜシソ科の花はミツバチに人気があるのか?
シソ科の植物は私たち人間が食べてもとても良いものだけど、ミツバチにも何か良い作用があるのかしらん?誰か調べてくれないかな~。。。

などと思い葺ける秋の夜長…なのです。



b0352342_13463582.jpg


越冬モードに入るまで、あともう少し。できるだけ強群にしたいところですが…。
[PR]
by latableverte | 2013-10-24 00:31 | 養蜂日記 | Comments(0)

越冬中です。

こんにちは。

本州からは、ボチボチと春の便りも届くようになってきましたが、
北海道は、まだまだ冬を折り返したばかり。

先日、越冬中の蜂たちの様子を見に行ってきました。

かわいい、かわいい蜂たちは、あのビニールハウスの中にいます。
b0352342_13450903.jpg


あんなところにいるの~
と、驚きました?

そうなんです。あの中で身を寄せあって、
じっと春を待っているんです。


1メートル近い積雪ですが、締め固まった雪なので
意外にも普通に歩いて行けます。
b0352342_13450947.jpg



入口を掘り出します。
b0352342_13450922.jpg



ひたすら掘って、掘って…。
ようやく地面が見えてきました。

開き戸なので、扉が開くスペースもしっかり掘らないと…。


b0352342_13450902.jpg




中は気温0度、湿度80%
b0352342_13450974.jpg


あれ、写真ぼけてるな~。


巣箱です。
b0352342_13451038.jpg


雪に囲まれた静寂なハウスの中
聞こえる音と言えば、私たちの防寒着の擦れる音と
雪かきで荒くなった息の音くらい。

とても生き物がいる気配はしないのだけど…。

巣箱に耳をあて、息をころし…。


かすかにブーーーンと。

羽音が聞こえた。

生きてる!!

うん、頑張ってる、頑張ってる。(^^)

チョッと一安心。

でも、まだまだ気は抜けません。
これからが、また大切な時期。

少しづつ日差しが強くなってくると、ハウスの中は急に気温が上がります。
そうすると、蜂たちは春が来たと勘違いして、出てきちゃったり…(・。・;;
気象に左右されることが多いので、気は抜けません。

あまりこうしていると、巣箱の中の温度も下がるので、
早々に、またシートを被せて、静かにハウスから撤収~~~。

野ネズミ対策も忘れずに…。


ということで、
蜂たちが、無事に春を迎えられるように
みなさんも、お祈りしてくださいね(^^)
[PR]
by latableverte | 2013-02-08 00:59 | 養蜂日記 | Comments(0)