「ほっ」と。キャンペーン

ハマナスハニーのこと。

b0352342_00225839.jpeg


昨年の試作から1年。
ハマナスハニーを商品化しました。

北海道の花でもあり、石狩市の花、そして石狩海岸に広く自生するハマナス。
地味な印象もありますが、バラ科の原種、日本の野ばらでとても素晴らしい香りを持っているのです。その香りはローズと同じ、いえそれ以上に女性の心を癒してくれます。
そしてこの濃い鮮やかなマゼンタピンク。見ているだけで、心が弾んで気分も上がります。

そんなハマナスの魅力をたっぷりと味わえるハチミツを作りたい。
そう考え、試行を繰り返し、やっと満足なものが出来上がりました。

ハマナスのハチミツが採れれば良いのですが、残念ながらバラは蜜を出しません。
あの香りで昆虫たちを呼びよせ、花粉交配してもらっているのです。
欧州(だったかな?)では5年に1回、野バラが流蜜することがあってその時に採れるローズハチミツは赤い色をしているのだとか。
どんなハチミツなんでしょうね~。いつか出会ってみたいハチミツのひとつです。

というわけで、ハマナスの色と香りを移しとるために、ハチミツに漬け込みました。
選んだハチミツは、純度の高い石狩のアカシアの蜜。アカシアのハチミツは、もっともクセがなく香りも少ないハチミツです。
それ故に、食べやすいハチミツとして日本人には好まれ高級ハチミツとして流通していますが、ハチミツ好きにはちょっと物足りなさも感じるくらい。色もほとんど透明、純度が高ければ高いほど透明に近いのがアカシア蜜なのです。
これなら、ハマナスの繊細な香りと色を十分に活かした、雑味のないハマナスハニーができるはず。

そして品質を高めるために、ひと手間、ふた手間…。
納得がいくまで手間をかけました(笑)
b0352342_00112184.jpeg

見て下さい、この色!!
キレイでしょ~。なんて上品なピンクのハチミツなんでしょう。
うっとり・・・。
左側にあるのがベースとなったアカシア蜜。これはこれで美しいのですが、ハマナスの色がほんのりとついたハチミツの色が、なんとも言えず宝石のようです。
そして、口に含んだときに広がる香りも、素晴らしいのです。画面でお伝えできないのが残念!!
もちろんハチミツは、酵素が生きてる非加熱ハチミツです。

ハマナスは石狩海岸に自生しているハマナスの花弁を摘ませて頂きました。
b0352342_00164415.jpeg




石狩市では、市と市民が協力して「はまなす再生プロジェクト」に取り組んでいます。
石狩海岸は大都市近郊にありながら、延長25㎞に及ぶ砂浜、砂丘、自然草原、天然海岸林が大規模にまとまって残る、全国的にも希有な砂丘海岸なのです。(あまり知られてはいませんが…。)
また多くの絶滅危惧種の植物や昆虫、鳥などが生息する生物多様性の宝庫でもあるのです。
b0352342_00202821.jpeg

「はまなす再生プロジェクト」は、かつてもっとたくさんのはまなすが自生していた海岸を再生するとともに、石狩海岸全体の環境保全に取り組むプロジェクトで、ハマナスはその象徴なのです。
ハマナスを育て、植え、外来植物を抜き取り…という地道な保全活動と、石狩海岸の希少性を広く理解してもらう教育・啓蒙活動。それに、ハマナスの魅力や有用性を活かした商品を企業の協力で開発。その商品を販売をつうじて、石狩海岸を広く知ってもらうというプロジェクトでもあります。

でもでも、難しい話は置いといても、その景色、風景は本当に素晴らしいのですよ~~~。
この景色、この環境は、素晴らしくかけがえのない人類の財産であり、次の世代にもちゃんと残さなければ…
b0352342_17401726.jpg

ということで。。。
ハマナスハニーはこの「はまなす再生プロジェクト」に全面協力させて頂く商品として開発しました!!

そんな壮大な使命を持つハマナスハニーなのですから、一切の妥協を許さず、夫婦げんかも辞さず、他の追随を許さない石狩市が誇れる商品を作らねば…という思いで完成させました!!←大げさ(笑)
でも、結構いいせんいってると思います。

というわけで、頑張って作りましたがマンパワーにも限界があり、今回は限定100本。
海岸で花摘みするのもゆるくない…(←北海道弁、楽じゃないの意)
b0352342_00191584.jpeg

今週末の「銀座はちみつフェスタ2016」と「あさぶおすそわけマーケット」に登場です。
b0352342_00102563.jpeg

ぜひ、このウットリするハチミツを手に取って、ウットリしちゃってください。

そして、この花が咲く海岸に思いを馳せ、いつか訪ねていただけるととても嬉しいのです。










[PR]
by latableverte | 2016-07-27 17:43 | ハチミツ | Comments(0)